スイス・ジュネーブの「水銀に関する水俣条約」第1回締約国会議での活動を報告する胎児性水俣病患者坂本しのぶさん=7日午後、熊本県水俣市

 9月にスイス・ジュネーブで開かれた「水銀に関する水俣条約」第1回締約国会議で演説した胎児性水俣病患者坂本しのぶさん(61)=熊本県水俣市=が7日、市内であった活動報告会に出席し「本当に行けるかなと思ったけれども、いろんな話ができて良かった」と笑顔であいさつした。

 報告会には支援者ら約40人が集い、スライド写真やビデオ映像で演説の模様などを振り返った。坂本さんは「帰ってきてほっとした」と長旅の疲れも取れた様子だった。

 坂本さんは9月24日の会議初日や、28日の公式プログラム「水俣への思いをささげる時間」で演説した。