拉致問題の早期解決を求め署名活動に参加した地村保志さん(右)=7日、福井県小浜市

 北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(62)が7日、地元の福井県小浜市で拉致問題の早期解決を求める署名活動に参加した。今月15日で帰国からちょうど15年となる地村さんは、署名や募金に応じた人に笑顔を見せながら、被害者全員の帰国実現を訴えた。

 署名活動は、同市内で開催中のグルメイベント会場の入り口付近で行った。地村さんの同級生らでつくる「救う会福井」のメンバー数人が来場者に呼び掛け。地村さんは「ご協力ありがとうございます」と言いながら、署名をした人の胸に解決を願うシンボルの「ブルーリボン」を付けた。