米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する政党や市民団体でつくる「オール沖縄会議」は7日、辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前で「土曜日県民大行動」と題する抗議集会を開いた。政府が着々と工事を進める中、阻止を諦めるムードを打ち消すのが狙い。約千人(主催者発表)が「県民の思いは揺るがない」と声を上げた。

 キャンプ・シュワブ前では市民らが抗議活動を連日繰り広げているが、公務執行妨害や道交法違反で逮捕されるケースが相次いでいる。