会談の冒頭、握手をかわす安倍首相と韓国の文在寅大統領=9日、韓国・平昌(代表撮影・共同)

 【平昌共同】安倍晋三首相は9日午後、韓国・平昌で文在寅大統領と会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発問題で、日米韓が連携して圧力を最大限にまで高める方針を確認した。国際社会の対応に関し「平昌冬季五輪・パラリンピック後が正念場となる」と表明。慰安婦問題の日韓合意については「国と国との約束だ」として、着実な履行を要求した。ソウルの日本大使館や釜山の日本領事館前にある少女像は外交上問題があるとして撤去を求めた。

 首相は五輪開会式前に、北朝鮮代表団トップを務める朝鮮労働党序列2位の金永南最高人民会議常任委員長と握手し、短時間会話を交わした。