【小山】農林水産省の『ため池百選』に選ばれた羽川の大沼で、オスのオシドリとメスのマガモがカップルとなり、仲むつまじい姿が訪れる人たちを楽しませている。

 近所の人によると、マガモを守るように寄り添うオシドリの姿が見られるようになったのは約1カ月前。ほかのオスがメスのマガモに近づこうとすると、オシドリが追い払うという。

 大沼には数年前、数羽のオシドリが飛来したというが、今年はこのオス1羽だけ。昨年12月ごろから姿を見せ、その後カップルになった。

 「仲良くしていてほほえましい」と、たびたび訪れている若木町1丁目の川西重郎さん(60)、京子さん(54)夫妻。「ほかのメスが近づいきても、追い払ってしまう。えさも自分は我慢してメスに食べさせているんですよ」。カメラを向けながら、「赤ちゃんはどうなるんでしょうかね」と期待していた。