平成30年度第61期下野奨学生の募集から決定まで

(1)出願資格について

  1. 日本国民で栃木県に居住し現在、県内の中学校第3学年に在学しており、平成30年4月に県内の全日制県立または私立高等学校への進学を希望する方です。
    *ただし高等専門学校への進学者は除きます。
  2. 学業が優秀かつ心身ともに健康であって、学資の支払いが困難と認められる方です。
  3. 交通遺児奨学生についても、上記2項を適用します。
  4. 下野奨学会と他の育英会等への併願応募はできません。

(2)奨学資金の給付月額と期間について

  1. 一般奨学生及び交通遺児奨学生には、1人月額2万円を給付します。
  2. 給付期間は、平成30年4月から平成33年3月までの3年間(年間12回、合計36回)とします。

(3)奨学生候補者の選考について

  1. 本奨学会の理事と評議員、外部学識経験者で構成する選考委員会を、平成30年2月上旬に開催し、奨学生候補者20名以内を決定します。
  2. 奨学生候補者並びに不採用者については、選考委員会の決定後、在学する中学校長に連絡します。本人には在籍中学校から連絡していただきます。
  3. 下野奨学生の採否にかかわらず、提出書類は一切返還しません。
  4. 提出書類及びその情報は、選考以外には一切使用しません。

(4)奨学生候補者の採否の時期と通知について

  1. 奨学生候補者は、受験した県立または県内私立高等学校の入試合格をもって新下野奨学生となります。ただし、県立高校と私立高校を併願した場合は、県立高校の合格後に決定します。県立、私立とも単願の場合は、その合格で決定します。
  2. 上記の結果は、各中学校長に連絡します。

(5)資格証書授与式について

  1. 新下野奨学生は、平成30年4月上旬に宇都宮市で開催する資格証書授与式に、保護者同伴で出席していただきます。
  2. 当日は、下野奨学生全員に、第1回目の奨学金2万円と入学準備金、入学祝い金を贈呈します。