下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > info > プライバシー・ポリシー

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

プライバシー・ポリシー

個人情報の保護に関する基本方針

 下野新聞社は、個人情報保護に関する社会的要請にこたえ、「個人情報の保護に関する法律」(以下、「個人情報保護法」という)の趣旨に基づいた「個人情報保護規定」を2005年3月に定めました。報道目的で取得する個人情報については個人情報保護法の適用除外となっていますが、その取り扱いについてはこれまで以上に慎重を期します。

■個人情報の定義
 個人情報とは、生存する個人の情報であって、氏名、住所、年齢、生年月日、性別、電話番号、銀行口座など、特定の個人を識別できるものをいいます。
■管理体制
 個人情報の管理を徹底するため、個人情報保護委員会を置きます。また、個人情報を取得、管理、利用する各部門に個人情報管理責任者をおき、個人情報管理責任者は個人情報管理者を指名します。
■個人情報の取得
 偽りその他不正な手段により、個人情報を取得しません。報道目的を除き、個人情報を取得する際は利用目的をできるだけ特定して、本人に通知します。
■個人情報の利用、管理
 個人情報は、本人の同意を得ずに利用目的を超えて取り扱いません。また、収集した個人情報を継続的に利用する場合は、個人情報の流出、改ざんなどが起きないよう安全管理に万全を期します。取得目的が達せられた個人情報は、安全対策措置をとった上で廃棄します。
■第三者への提供制限
 本人の同意を得ずに、社外の第三者に対し、個人情報を提供しません。ただし、法令に基づく場合や、人の生命、身体、財産の保護のため必要があり、かつ本人の同意を得ることが困難な場合は、この限りではありません。
■個人情報の開示、訂正
 個人情報を管理する各部門に、本人からの問い合わせなどに応じる窓口を設けます。本人から個人情報の開示、訂正、削除の申し出があった場合、調査をした上で、必要な措置をとり、本人に通知します。ただし、次ぎに掲げるものが該当する場合非開示とすることができます。
  • ・本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を侵害するおそれがあるとき
  • ・社の業務遂行に著しい支障を及ぼすおそれがあるとき
  • ・法令違反となるとき
■委託先の監督
 個人情報の取り扱いの全部または一部を外部に委託する場合は、委託先の管理体制を調査の上、流出、改ざんなどが起きないよう万全の措置をとることを契約で義務づけ、また必要に応じて委託業務の遂行状況を監督します。
■教育、研修
 個人情報管理の重要性を社内に周知徹底するための教育、研修を行います。
■継続的見直し改善
 個人情報の適正な保護・管理を維持するため、本社の保護管理体制を継続的に見直し、必要に応じ本方針を改定します。

アクセスログ収集とディスプレイ広告

  • ディスプレイ広告への対応に伴って導入した Google アナリティクス(ユーザー属性とインタレスト カテゴリに関する Google アナリティクス レポート)を利用しています。
  • 第三者配信事業者( Google など)が、インターネット上のさまざまなサイトで広告主の広告を掲載しています。
  • 広告主と第三者配信事業者( Google など)がCookieを利用し、過去にユーザーがサイトにアクセスしたときの行動に基づいて広告を作成、最適化、配信しています。
  • 広告設定によって、ユーザーは Google アナリティクスによるディスプレイ広告のトラッキングを無効化し、Google ディスプレイ ネットワーク上の広告をカスタマイズできます。ブラウザ用の Google アナリティクス オプトアウト アドオンの利用も可能です。
  • Google AdWords インタレスト ベース広告に関するポリシーと、デリケートなカテゴリに適用される制限事項を遵守しています。
  • Google アナリティクスで取得した Google のインタレスト ベース広告のデータや第三者のユーザー データ(年齢、性別など)を、サイトの最適化等に利用しています。
下野新聞社

地域安全情報 防災情報

おすすめPick Up

一覧を見る