下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > DoSOON > 市町別 > 足利 > 下野新聞動画ニュース > 荘厳な空間に和洋の響き 足利・浄因寺で「行道山音楽祭」

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

荘厳な空間に和洋の響き 足利・浄因寺で「行道山音楽祭」

2010年8月31日 11:06

 【足利】自然の音響効果を生かした「第9回行道山音楽祭」(同音楽祭実行委員会主催、下野新聞社など後援)が28日夜、月谷町の行道山浄因寺で開かれた。来場者約270人は、荘厳な空間に響く和洋音楽の共演に聴きほれた。

 音楽祭は、周囲を岩に囲まれた境内の優れた音響効果に注目して1994年に始まった。今回は国際的ギタリストで、音楽祭総監督を務める大町の柿沼宏嗣さんをはじめ、尺八や胡弓、しの笛演奏家ら計24人が出演。同町をイメージして日本現代音楽協会の坪能克裕会長が作曲した「森のコンチェルト」を全員で初演した。かがり火をたいた舞台のほか、舞台両側の高台でも演奏し、立体的な音響が会場を包み込んだ。

 運営には地元自治会などのボランティア70人が協力。会場整備や駐車場係を務めたり、境内への石段に和紙製の灯籠約100個を並べて来場者を迎え入れた。

このジャンルの動画一覧