下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > DoSOON > official > フォト俳句・3月の応募作品選考と選者作品解説

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

フォト俳句・3月の応募作品選考と選者作品解説

2013年3月14日 05:00

 ■選者作品、本人解説

 リキュールをひと口ふふむ春の雨   龍子

 春の季語であるシクラメンの花の写真とつなぎ合わせた。まだ肌寒い春の雨が降る日、小さなバーでカクテルを飲んだときにできた作品。

 ■3月総評 今月の作品傾向は、写真と俳句が非常につきすぎている作品が多かった。写真を見て俳句を作ると写真説明のような句になりやすいので気を付けよう。

 今回惜しかった作品は、水戸市の打越栄さんの「蛇穴やぬるりと井でし胃のカメラ」を挙げる。遊園地の滑り台を撮った、とても面白い作品。蛇が穴を出るというのが季語。句の意味合いは分かるが、「蛇穴を出でてぬるりと胃のカメラ」とすると、滑り台のぬめっとした感じと写真とがいい響き合いを出すのではないかと思う。