下野新聞SOON Simotsuke Original Online News

TOP > DoSOON > official > フォト俳句・12月の応募作品選考と選者作品解説

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

フォト俳句・12月の応募作品選考と選者作品解説

2012年12月13日 05:00

■選者作品解説

 正月用品を買い求める年の市。呼び声が高らかに響く市場で、ふと足を止めてのぞき込む買い物客の心境を詠んだ。

 ■作品解説

松林和生さんの作品「平安の色無き風は今も吹く」

 平安朝から変わらぬ里の風景を撮った。「色無き風」は「秋の風」のことで、昔も今も変わらず、その情景の中に秋風が吹いていると感じ取って詠んだ。下の1羽のサギもポイント、遠くの白煙が秋風にたなびいているのもよい。

 全体では写真の撮り方、狙いがしっかりしている作品が多かった。反面、句が写真の説明になっているものも多かった。言葉の使い方、文字の表記の間違いが目に付いた。

このジャンルの動画一覧