【いつ】1月19日

【どこで】那須塩原市東(なすしおばらしひがし)小

【だれが】5年生64人

【学んだこと】新聞ができるまで、記者(きしゃ)の仕事(しごと)、新聞の読(よ)み比(くら)べなど

【講師(こうし)】教育文化事業部(きょういくぶんかじぎょうぶ) 大平正典(おおひらまさのり)
【ひとこと】松本美玖(まつもとみく)さん(11)「記者の書いた記事(きじ)を直すデスクの仕事や、視点(してん)が違(ちが)えば記事の中身(なかみ)が変(か)わってしまうことなど、初(はじ)めて知ることばかりだったので驚(おどろ)いたし、すごいなと思った。記者の仕事は大変(たいへん)そうだけれど、やってみたいなと感(かん)じた。記事の読み方なども分かりやすく教えていただいたので、これからもっと新聞を読んでみたい」

橋本久美子(はしもとくみこ)先生「バラエティーに富(と)んだメニューだったので、児童(じどう)たちは集中(しゅうちゅう)して熱心(ねっしん)に取(と)り組(く)んでいた。記者の仕事内容(ないよう)や心構(こころがま)えなどもとても良(よ)く分かった。今後NIEに取り組んでいく上で、授業(じゅぎょう)に生かせる部分(ぶぶん)が多く、私自身(わたしじしん)も非常(ひじょう)に勉強(べんきょう)になった」

[写真説明]記者の仕事などを学んだ那須塩原市東小の5年生たち