【いつ】8月10日

【どこで】宇都宮市東図書館(うつのみやしとしょかん)

【だれが】同市内の小学生親子19組45人

【学んだこと】新聞のつくり、スクラップ作品(さくひん)作り

【講師(こうし)】真岡総局長(もおかそうきょくちょう) 山崎一洋(やまざきかずひろ)

【ひとこと】姿川第二(すがたがわだいに)小3年染野佑仁君(そめのゆうじんくん)(9)「これまで新聞はあまり読んだことがなかった。防衛大臣(ぼうえいだいじん)だった稲田(いなだ)さんのその後が気になっていたので、政治(せいじ)の記事(きじ)を集(あつ)めて作品にした。記事は難(むずか)しく、並(なら)べ方(かた)も悩(なや)んだが、作業(さぎょう)はとても楽しかった。次(つぎ)は違(ちが)うテーマで作品を作り、コンクールに出してみたい」

同図書館主任箕輪修三(しゅにんみのわしゅうぞう)さん(51)「新聞に興味(きょうみ)を持(も)ってもらうとともに、図書館の利用増(りようぞう)にもつなげることを狙(ねら)いに開催(かいさい)した。子どもにしては難しい題材(だいざい)を選(えら)んでいる子もいて驚(おどろ)かされた。協力(きょうりょく)し合(あ)って作品を仕上(しあ)げていくことで、親子の交流(こうりゅう)も深(ふか)まったのではないか」

[写真説明]新聞スクラップ作品作りを行った親子