下野新聞社は4月の紙面刷新で、新企画を各面で次々に始めます。毎週水曜日のオピニオン面では「気になるとちぎ 話題の人に聞く」をスタートさせます。初回はマッチングシステムに期待が集まる県の「とちぎ結婚支援センター」(宇都宮市)センター長の三柴弘(みしばひろし)さん(61)へのインタビューです。経済面では大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に向けて準備を進める県内観光関係者に登場してもらう「とちぎのおもてなし~2018DCに向けて」を始めます。ご期待ください。

オピニオン面

 ■「気になるとちぎ 話題の人に聞く」

 県内の各分野、各地域で注目を集めている人などに単刀直入にインタビューし「気になる」に応えます。毎週水曜日。5日から。

経済面

 ■「とちぎの企業力」

 県内企業のトップに自社の持つ強みや今後の戦略、課題などを聞きます。原則隔週木曜日。6日から。

 ■「とちぎのおもてなし~2018DCに向けて」

 18年春の大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」に向け、準備する県内各地の関係者に期待やアピールポイントを語ってもらいます。原則隔週水曜日。12日から。

 ■「アジアの風 香港駐在員便り」

 県と足利銀行の香港駐在員に現地や県内企業の活動状況をリポートしてもらいます。毎月第4火曜日(県)、隔月第2火曜日(足銀)。25日から。

地域面

 ■「地域の輪 笑顔の和~生き生きサークルめぐり」

 中高年のスポーツや趣味サークル、ボランティアグループなどの活動を紹介します。県央・宇都宮版。毎週金曜日。14日から。

 ■「那須与一の軌跡」

 大田原市那須与一伝承館の開館10周年に合わせ、学芸員がゆかりの地、伝承、まちづくりなどについて寄稿します。県北・日光版。毎週金曜日。7日から。

 ■「名人の技拝見」

 町工場のプロフェッショナル、食の名人など「地域の名人」の技を紹介する。県南・両毛版。毎週木曜日。6日から。

 ■「ようこそ唐沢山城へ~全国山城サミットへのいざない」

 11月の全国山城サミットを前に、唐沢山城の歴史やサミットの意義を佐野市担当者が語る。県南・両毛版。毎週火曜日。4日から。

くらし面

 ■「えりのあのニコニコ育児日記」

 大田原市在住のシンガー・ソングライターえりのあさんが昨年10月に長女を出産。仕事と育児の両立の奮闘ぶりを楽しくつづります。毎月第1、第3月曜日。17日から。

 ■「ご存じですか 民事調停」

 訴訟より簡単な手続きでトラブル解決を図る民事調停。宇都宮地裁の専門家が具体例を交えて解説します。毎週土曜日。8日から。

子どもタイムズ

 ■「すごいぜ!昆虫」

 昆虫に魅せられ、世界中を旅している真岡市在住の写真家野澤亘伸(のざわひろのぶ)さんが美しい写真とともに魅力を語ります。毎週火曜日。4日から。

読書面

 ■「しもつけ新刊コラム 一冊啓上!」

 本県ゆかりの読書の達人6人が一押しの新刊書をコラムで紹介します。毎週日曜日。9日から。

歴史・文化面

 ■「しもつけ日本史発掘」

 旧石器時代から戦国時代まで、県内で見つかった国内第一級の史料から、本県の豊かな文化の流れをたどります。毎週土曜日。15日から。

下野新聞社