<第48回中央審査風景>


主 催

 下野新聞社

協 賛

 栃木県書写書道教育研究会 栃木県書道教育振興会

後 援

 栃木県、栃木県議会、栃木県教育委員会、栃木県市町村教育委員会連合会、栃木県書道連盟、栃木県小学校教育研究会国語部会、栃木県中学校教育研究会国語部会、栃木県高等学校教育研究会書道部会、栃木県PTA連合会、栃木県高等学校PTA連合会、壬生町教育委員会、那須塩原市教育委員会

応募資格

毛筆の部・・・栃木県内小、中、高校の児童生徒に限る。
硬筆の部・・・栃木県内小学1・2年生児童に限る。

応募規定

(ア) 各学年課題による。
(イ) 用紙は毛筆・硬筆共に、主催者の用意したものを使用する。
(ウ) 作品には学校名(略称も可)、学年、氏名を筆者が明記する。
(エ) 作品には裏打ち、表装、仮巻きをしない。
(オ) 出品は学校を通じ一括搬入する。その際主催者が用意する出品目録(2枚複写)、出品明細書1部(学校ごと)を必ずつけること。
(カ) 硬筆の部に出品する際、目録は毛筆と別にし、右上に「硬筆」と明記する
(キ) 出品料は無料とする。
(ク) 応募作品は返却しない。
(ケ) 小学校1・2年生に限り、硬筆・毛筆の2部門への応募も可とする。
(コ) 毛筆の場合、「洋服についても洗濯すると落ちる」という墨汁があるが、重ねた時に他の作品が汚れる可能性があるので、使用しないこと
(サ) 硬筆の場合、黒色のフェルトペンを使用する。メーカーや太さは問わない。これ以外の使用は失格とする(筆ペン、ボールペン、鉛筆など)。
* 誤字には注意する。常用漢字許容字体は認める。
* 目録に記入する氏名は、作品と同じように記入する。(漢字・ひらがな)

 

※学校名の書き方
特に東西南北一二三中央等の名称の学校は次の例にならってどの地区の学校かわかりやすくはっきり明記する。
例・・・・宇中央小・横西小・大西原小・栃木第三小(栃三小) 大平東小・佐西中・金田南中・北高根沢中(北高中)

課 題

 目標に向かってまっすぐ進む。そして継続する力を身につける。

【毛筆の部】
小学校の部

学年 課題
1年 ちえ
2年 まなぶ
3年 考える力
4年 共に学ぶ
5年 豊かな体験
6年 夢の実現

中学校の部
学年 課題
1年 感動と喜び
2年 自然の英知
3年 継続は力なり

高等学校の部
学年 課題   読み方 出典・作者
1年 学者如登山 読み がくやまのぼるがごとし 中論(治學)
意味 学問は山に登るように登れば登るほど高きを覚える
2年 養浩然之気 読み 浩然こうぜんやしな 公孫丑上(孟子)
意味 天地の間に充ち満ちている非常に盛んな精気を養う
3年
(4年)
博学而篤志 読み 博学はくがくにして篤志とくし 論語(子張)
意味 ひろく学びあつく志す
共通 炎熱や勝利の如き地の明るさ 中村草田男

【硬筆の部】
小学校1年
しがつから、しょうがくせいに なりました。がっこうは、たのしいです。
小学校2年
友だちと手をつなぐと、うれしくて、あたたかい気持ちになります。

応募点数

 1人1点に限る。
ただし小学校1・2年生に限り、硬筆・毛筆の2部門への応募も可とする。

応募締切り

 搬入場所・搬入日は次の通り。

地区 搬入日・審査日 搬入場所・責任者
宇・河地区 9月23日(金)・10月3日(月) 宇都宮高等学校・嶋田周
上都賀地区 9月20日(火)~9月23日(金)
・9月27日(火)
鹿沼高等学校・寺内有花
芳賀地区 9月6日(火)・9月13日(火) 中村南小学校・長谷川直人
小山地区 9月9日(金)・9月27日(火) 間々田東小学校・谷田部二三子
栃木地区 9月13日(火)・9月30日(金) 栃木高等学校・星揚子
塩谷地区 9月26日(月)・10月3日(月) 矢板中央高等学校本館事務室・磯英明
那須北地区 9月13日(火)・9月13日(火) 那須塩原市厚崎公民館・田代卓朗
南那須地区 9月16日(金)・9月16日(金) 那珂川町小川公民館・川上ひより
佐野地区 9月8日(木)・9月8日(木) 田沼中央公民館・慶野靖典
足利地区 9月12日(月)・9月12日(月) 北郷小学校・寺内千明

審 査

 地区審査と中央審査がある。
(1) 地区審査は栃木県書写書道教育研究会の各支部で行い、入選作品、奨励賞作品、入賞候補作品を決める。
(2) 中央審査は地区審査で選ばれた入賞候補作品の中から各賞を決定する。

(1) 個人賞
・毛筆の部
下野書道大賞・準大賞・特選・準特選・金賞・銀賞・銅賞・奨励賞・入選とする。
・硬筆の部
特選・準特選・金賞・銀賞・銅賞・奨励賞・入選とする。
(2) 団体賞
栃木県知事賞(3点)、栃木県議会議長賞(3点)、栃木県教育委員会教育長賞(3点)、栃木県市町村教育委員会連合会会長賞(2点)、栃木県書道連盟会長賞(3点)、栃木県書写書道教育研究会会長賞(5点)、栃木県小学校教育研究会国語部会会長賞(2点)、栃木県中学校教育研究会国語部会会長賞(2点)、栃木県高等学校教育研究会書道部会会長賞(2点)、栃木県PTA連合会会長賞(2点)、栃木県高等学校PTA連合会会長賞(1点)、下野新聞社社長賞(4点)、栃木県書道教育振興会会長賞(5点)
(団体賞は、在籍児童・生徒数に対する入賞数の比により算出する)

発 表

 下野新聞紙上(大賞から銅賞まで掲載)及び出品校へ出品目録のB票をもって通知する。

展覧会

 中央展 
期日 平成28年11月24日(木)~27日(日) (大賞~銅賞まで展示)
会場 城址公園ホール(壬生町中央公民館)
 県北展 
期日 平成28年12月17日(土)~ 18日(日) (大賞~銀賞まで展示)
会場 いきいきふれあいセンター(那須塩原市黒磯公民館)

表彰式

 平成28年11月24日(木)午後2時から(中央展の初日となります)壬生町中央公民館
下野書道大賞・準大賞・特選・準特選の個人賞及び団体賞受賞校・関係者を招待して開催する。

問合せ先

 下野教育書道展事務局 〒320-0056 宇都宮市戸祭4丁目7-19
(株)教育出版社内 電話028-622-6505(代表) FAX028-621-3718

その他

 主催者は入賞作品・入賞者名簿について以下の権利を有する。
下野新聞社の発行する刊行物(新聞・刊行物)への掲載
下野教育書道展での展示
第三者が企画する展覧会及び発行する印刷物への掲載の許可