TOP > 会社案内 > 下野新聞の歴史

  • 文字サイズ
  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大

下野新聞の歴史

 下野新聞の前身となる「杤木新聞」は、1878(明治11)年6月1日、現在の栃木市で創刊されました。「杤木新聞」の編集人であった中田良夫、足尾鉱毒事件で奮闘することになる田中正造(1841-1913年)らが翌年、自由民権運動を盛り上げようと、第2次「栃木新聞」を再興(再刊)しました。田中正造は「栃木新聞」の編集長を務めました。

 1882年には第2次「栃木新聞」と「足利新報」が合併し、第3次「杤木新聞」が誕生。この「杤木新聞」が1884年3月7日、県庁とともに栃木から宇都宮に移り、宇都宮の「下野旭新聞」を合併、題字を「下野新聞」と改めました。こうした歴史を経て、今日まで下野新聞が続いており、2008年で創刊130周年を迎えました。全国の地方紙の中でも古い歴史を持つ新聞の一つです。



下野新聞の歴史

明治11年6月1日 下野新聞の前身、第1次「杤木新聞」が栃木で創刊
12・8・2 第2次「栃木新聞」が栃木で創刊
14・6・8 「下野旭新聞」創刊
15・1・30 「足利新報」創刊
15・9・8 第3次「杤木新聞」が栃木で創刊
17・3・7 「下野新聞」創刊。隔日刊、タブロイド4ページ、発行所、下野国河内郡宇都宮町池上町45番地、旭香社
22・4・1 日刊で現在とほぼ同じ大きさの新聞4ページになる
26・11・22 星亨衆議院議長を批判したため1週間の発行停止を受ける
27・1・1 宇都宮町池上町51番地に洋風2階建て社屋を建設、移転。
27・8 日清戦争に特派員を派遣
35・9・1 下野新聞株式会社に組織変更。資本金4万円
38・10・5 日露戦争講和条約に反対し4日間の発行停止を受ける
40・11・10 輪転機導入
42・4・10 足利町で「両野新報」発行
大正9年8月15日 日光―宇都宮マラソン大会開催。県陸上競技会に大反響を呼ぶ
11・5・28 鉄筋コンクリート3階建ての新社屋完成。北関東で初の本格建築として県民の注目を集める
12・9・1 関東大震災で東京各紙発行不能のため、7日まで下野新聞を東京に送る
13・7・1 夕刊を発行
昭和5年7月12日 紙齢1万5,000号を迎える
6・4・1 第1回「下野美術展」を主催。部門は日本画と洋画
8・3・17 創刊50周年を記念し「半世紀の下野」を長期連載
16・10・31 東京日日新聞と友好関係を成立。紙面を全面的に改革、業務関係を刷新
16・12・15 1県1紙の国策によって栃木県の代表紙となり、4社を合併
20・4・1 新聞非常措置令により、毎日、朝日、読売の持分21万部を全県下に供給
20・7・12 戦災により発行不能となる。毎日新聞に委託、発行を続ける
20・10・15 自力で発行を再開
33・3・23 紙齢2万5,000号記念式典。記念事業として下野奨学会、県農業コンクールを新設
42・2・8 資本金4,800万円に増資、現在に至る
45・4・1 栃木県政経懇話会を設立
47・4・22 紙齢3万号記念式典。記念事業として下野県民賞を制定
49・5・1 宇都宮市昭和1-8-11に新工場が完成。輪転機4台を新設
51・5・24 輪転機2台を増設、24ページの印刷体制が整う
52・11・15 鉛活字を使わぬコールドタイプへ、新聞製作の近代化完成
52・12 発行部数20万部
54・5・7 宇都宮市昭和1-8-11に新社屋完成。鉄筋5階建て6,393平方メートル
54・7・11 オフセット輪転機によるカラー印刷開始
59・3・7 創刊100周年を迎える
61・1・4 紙齢3万5,000号を数える
61・5・22 下野新聞文化福祉事業団を設立
62・3・14 下野文学大賞を創設
63・4 発行部数25万部突破
平成3年7月 宇都宮市内の電光板に下野新聞提供ニュースを流す
3・9・23 中国浙江日報社と友好関係樹立
3・12 新輪転機3セット完成
4・2・13 全紙面文字拡大(1行12字)
5・8・31 (株)下野新聞アドセンター設立
8・3 輪転機フルカラー8個面増設工事完成
8・5・5 「ASTRO(アストロ)」を創刊
8・7 新画像システム稼働
9・7 本社新館完成
9・11・16 「おーぽっく」を創刊
10・4 発行部数30万部を突破
11・4・1 とちぎテレビへ本社スタジオからニュース中継開始
11・5・11 創刊115周年、発行部数30万部突破「感謝の集い」
11・5・12 下野新聞編集綱領を制定
11・6 コンピューターによる新聞組版システムに移行開始
11・10・15-16 第52回日本新聞大会を招致、開催
12・5 紙齢4万号記念式典
12・11 全編集紙面がコンピューター組版システムに移行完了
13・1・1 データベースへの記事、写真データの蓄積開始
13・3・7 文字拡大で「しもつけ新L字」採用
13・4・1 「下野新聞」の題字を変更
下野新聞ホームページをリニューアル、愛称は「SOON」
15・4・4 しもつけ21フォーラム設立
15・10・1 「ASTRO(アストロ)」「おーぽっく」を統合、生活情報紙「Aspo(アスポ)」を創刊
16・1・1 「下野新聞」の題字を変更、カラーとなる
16・3・7 下野ふるさと大賞創設
16・6・1 創刊120周年記念式典開催
18・4・10 下野新聞印刷センター創業
18・6・1 創刊日を明治17年3月7日から前身の杤木新聞が創刊された同11年6月1日に変更。創刊128年、紙齢43,019号となる。
19・6・1 「どっとこちゃん」が下野新聞社のキャラクターに就任
19・9・10 ホームページ「SOON」で電子号外を初めて発行
20・3・31 新組版システム全面稼働
20・4・1 文字拡大で「下野O(オー)文字」(1行10字)採用
20・6・1 創刊130周年を記念し、新たな社旗やシンボルマークを制作し、「企業理念」「スローガン」「行動指針」「編集方針」も制定
有料携帯サイト「SOON」スタート
20・6・3 創刊130周年記念式典開催
22・10・1 紙面のQRコードから詳細情報を閲覧できる「+S」(プラス・エス)を開始
23・12・29 紙齢4万5,000号を迎える
24・4・1 宇都宮まちなか支局を宇都宮市のオリオン通りに開設、宇都宮市中心市街地版「みや もっと」を創設
24・5・15 長期連載「あなたの隣に 発達障害と向き合う」が「科学ジャーナリスト賞2012」の大賞を受賞
24・6・1 「下野新聞NEWS CAFE」を宇都宮市のオリオン通りに開設
24・10・23 長期連載「終章を生きる 2025年超高齢化社会」が第1回日本医学ジャーナリスト協会賞・大賞を受賞
25・6・1 創刊135周年を迎える
25・6・4 創刊135周年記念講演・感謝の集いを開催
25・9・4 「下野新聞NEWS CAFE」が2013年度日本新聞協会賞(経営・業務部門)を受賞
26・3・1 紙面を従来の15段組みから、12段組みへ紙面刷新。文字も拡大
26・10・9 長期連載「希望って何ですか 貧困の中の子ども」が石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞の「草の根民主主義部門」大賞を受賞
26・10・20 「宇都宮餃子消費量日本一奪還プロジェクト」で日本新聞協会新聞広告賞(新聞企画部門)を受賞
27・12 長期連載「とちぎ戦後70年」が平和・協同ジャーナリスト基金賞の奨励賞を受賞
29・6・1 「下野新聞電子版」創刊