【宇都宮】18日の「点字ブロックの日」を前に、県立盲学校の生徒や保護者、教員ら35人ほどが17日、JR宇都宮西口で「点字ブロックの上に自転車を置かないで」などのメッセージが入ったポケットティッシュ2千個を駅利用者らに配布した。

 点字ブロックが世界で初めて敷設されたのは1967年3月18日、岡山市の県立岡山盲学校近くの交差点。この日にちなみ「点字ブロックの日」が制定された。

 目の不自由な人にとって道しるべとなる点字ブロックだが、十分理解されているとは言い難く、全国盲学校PTA連合会は2012年度、全国的に啓発活動を展開することを決定。県立盲学校も同年度から取り組みを始めた。

 5回目のこの日は、生徒が描いた啓発ポスターの縮小コピーなどにメッセージを入れたティッシュを生徒らが手分けして配布した。