県、日本ダウン症協会栃木支部(つくしの会)は21~22日、宇都宮市陽東6丁目のベルモールで啓発展「知ってほしいな ぼくたち わたしたちのこと」を開く。

 ダウン症がある幼児から成人まで、本人の成人式やピアノの発表会、日常生活などのスナップ写真約30点や絵画、書道、工作などの作品約40点を展示する。また14年の全国裂織展で優秀賞を受賞した小野原由行(おのはらよしゆき)さん(小山市)が織物作業を実演する。

 会場には支部メンバーがおり、説明などの対応もできる。無料。初日は午前11時~午後8時、最終日は午前10時~午後4時。実演は両日とも午前、午後の計2回ずつ。