武平作栃木本店の社で行われた新嘗祭=23日午後、栃木市

 米菓販売の武平作(膝附武男(ひざつきたけお)社長)は23日、栃木市城内町2丁目の栃木本店で「新嘗祭(にいなめさい)」を行った。

 米を主原料とする菓子を扱う企業として、収穫への感謝や伝統の継承、食育、地域貢献が目的。地元の神明宮が協力した。同社によると、神社と地元菓子企業が連携して新嘗祭を行うのは県内初めてという。

 出来たての団子や農作物が供えられた同店敷地内の社で宮司が神事を執り行い、膝附社長らが玉串を奉納した。祭りには延べ1千人以上の地域住民らが参加し、親子連れやお年寄りたちが新米の団子や赤飯、汁粉などを頬張った。