レストラン検索・予約サイト「食べログ」に開設された特集ページ

 【宇都宮】市とレストラン検索・予約サイト「食べログ」を運営するカカクコム(東京都)は7日、市内の観光情報などを紹介する特集ページを、同サイト内に開設した。食べログは月間約1億人の利用があるといい、市の魅力を全国にPRすることができる。市の担当者は「『食』をきっかけに、実際に足を運んで楽しんでもらいたい」と期待している。

 特集ページは「こんなの、はじめて。知れば、知るほど宇都宮」と題し、大谷資料館(大谷町)や道の駅うつのみやろまんちっく村(新里町)、二荒山神社(馬場通り1丁目)など5カ所を「おすすめ観光スポット」として紹介。食べログで人気の市内の飲食店や観光PR動画、イベント情報、市のホームページへのリンクなども掲載している。

 カカクコムは自治体の観光誘致活動をサポートし、地域活性化に貢献しようと、9月に自治体などと業務提携した特集ページを始めた。これまでに那覇市や横浜市、札幌市などのページを開設している。同社によると、県内の自治体では宇都宮市が初めてで、来年3月末までに約50自治体まで増やす予定という。