くわの実まつりで販売されるラムねこパン

 【小山】社会福祉法人つむぎ(星野玲子(ほしのれいこ)施設長)は、新キャラクター「ラムねこ」を描いたパンを製造し、21日、西黒田の第2くわの実で開く「くわの実まつり」で販売する。

 ラムねこは、ラムサール条約登録湿地・渡良瀬遊水地の第2調整池がネコの顔の形に似ていることをヒントに、市観光協会の椎名麻衣(しいなまい)さんがデザインした。右耳に市の花「思川桜」を飾っているのが特徴。

 ラムねこパンは1個120円(税込み)で、もちもちした食感の白生地の中に、カスタードクリーム入りとチョコクリーム入りの2種類がある。

 同まつりでは繭玉を使ってラムねこのストラップを作る「まゆクラフト体験教室」も開催。ステージイベントや野菜の直売なども行う。

 午前10時~午後1時半。入場無料(クラフト体験は材料費100円)。