ジェラートの試食

 【那須塩原】「本物の出会い 栃木」デスティネーションキャンペーン(DC)全国宣伝販売促進会議の一環として全国の旅行会社担当者らが19日、市内を訪れ、青木の道の駅「明治の森・黒磯」や板室温泉などを視察した。

 同道の駅では、市職員や地元産直会のスタッフら約15人が歓迎。参加者約40人は2班に分かれ、国指定重要文化財の洋館「旧青木家那須別邸」の内部見学や、地元産のイチゴと牛乳を使ったジェラートなどの試食を楽しんだ。