「まちドラマ」の概要について説明する藤橋監督(左から2人目)

 【栃木】ケーブルテレビ(高田光浩(たかだみつひろ)社長、本社・樋ノ口町)は17日、市を舞台にした市民参加型のショートドラマ「とちぎまちドラマ」を製作すると発表した。地域が一体となって製作することで市の魅力を市民に再発見してもらうとともに、テレビやインターネットなどを通じて広く発信する。撮影開始を前に出演者とあらすじを5月8日まで募集する。

 ショートドラマは1話10分で全10話。出演者を市民中心に募集し、市内で撮影し、市民ボランティアも募って撮影する。監督は群馬県千代田町を舞台にした自主制作映画「舟の上」などを手掛けた藤橋誠(ふじはしまこと)さん(41)が務める。

 最終的にはDVDにして、広報ツールとして活用できるようにする。募集する出演者は市内、県内在住か通学通勤の小学4年生以上で、7~12月の演技練習や撮影に参加できる人。演技経験は問わない。あらすじは400字以内で誰でも応募可。いずれも所定の用紙で応募する。