第11回全国高校囲碁選抜大会が18日、大阪府東大阪市で開幕し、女子団体の栃木女子が2連覇を達成した。

 女子団体は全国8地区の代表16校が出場し、変則のリーグ戦で順位を競った。毛塚瑛子(けづかあきこ)さん(17)、高谷実野里(たかやみのり)さん(17)、高尾真友子(たかおまゆこ)さん(17)の2年生3人で臨んだ栃木女子は彦根東(滋賀)、秋田北、京葉(千葉)にいずれも3-0で勝利。優勝をかけた西宮(兵庫)との試合も2-1でものにし、頂点に立った。