人生観などを話すミュージカル女優の明子さん

 【鹿沼】米国のニューヨークで活躍するミュージカル女優、アルマンツァー明子(あきこ)さんが17日、北犬飼中で講演会を開いた。生徒たちは明子さんの考え方、人生観に目を輝かせて聞いた。

 明子さんは21日、宇都宮市竹林町のトヨタウッドユーホームすまいるプラザで開催するミュージカルコンサートの一員として来日。講演会は8月に発足した「NPO法人栃木かぬま教育支援ネットワーク蘖(ひこばえ)」の働き掛けで実現した。

 東京都出身の明子さんは昭和音大短期学部声楽科卒業と同時に劇団四季へ入団。その後、ニューヨークに渡り現在、ブロードウェイなどで活躍している。

 演題は「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」。最初に明子さんが出演したミュージカル「フォーティー・セカンド・ストリート」

の一部を上映。オーディションに100回以上落ちたことなど自身の歩みを紹介後、「遠回りしたが、夢を諦めなかった。目標にたどり着くための道は一つではない」と説明。さらに「大切なのは結果より経過」とした。