立会人を務めた桜井さん(中央)と植松さん(右)

 【茂木】衆院選公示後初の週末となった14日、今回から選挙権を得た茂木高の3年生2人が町役場の期日前投票所の立会人を務めた。

 高校生に選挙を身近に感じてもらいたいと、町選管が同校に依頼。この日と21日に2人ずつが担当することになった。町選管によると昨年の参院選で19歳の大学生が立会人を務めているが、高校生が担当するのは初めてという。

 立会人を務めたのは植松奈々(うえまつなな)さん(18)=飯(いい)=と桜井圭吾(さくらいけいご)さん(18)=深沢。2人は制服姿で午前8時半~午後8時、一般の立会人1人と共に投票を見守った。