今後の馬頭高について意見を交わしたパネリストら

 【那珂川】「馬頭高の存続・発展を目指す町民集会~地域創生と学校の役割を考える~」が16日、町小川総合福祉センターあじさいホールで開かれ、町民ら約300人が同校の必要性などについて認識を深めた。

 同校は、県教委が小規模県立高の救済策で打ち出した「特例校」の対象になった。

 パネルディスカッションでは、福島泰夫(ふくしまやすお)町長や町議、同校卒業生、PTAらが意見交換した。内陸で国内唯一の水産科については、特色などを高く評価する声が相次ぎ、「1学年1クラスを2クラスに増やせないか」との意見が出た。