【日光】立志を祝い、日光中の2年生16人が16日、花石町の東京大付属日光植物園でサクラを植樹した。同植物園で職場体験をしたことが縁で初めて実現。自分たちとサクラの立派な成長を願って作業に汗した。

 大人への第一歩を踏み出した自覚を持ってもらおうと実施。同植物園が外部の植樹を受け入れるのは初めてで、樹木医の同園技術職員清水淳子(しみずじゅんこ)さん(35)ら専門家が全面協力した。

 生徒たちは専門家の指導で園内の広場6カ所に穴を掘り、同植物園が奥日光で種を採取して育てたミヤマザクラやオシドリザクラなどの苗木3種類を植樹。1日がかりの作業でシカ食害から守る柵も設置した。