【真岡】読書を通して学校間の交流を深めようと、芳賀地区内の3高校の生徒がお薦めの本を紹介し、最も読みたい「チャンプ本」を来場者投票で決める書評ゲーム「ビブリオバトル」がこのほど、田町の市立図書館で初めて開かれた。

 同ゲームは、複数の発表者が自身が読んで面白いと思った本を5分間で紹介するなどし、「どの本が一番読みたくなったか」という基準で来場者に投票してもらい、チャンプ本を決定するルール。近年は高校生などを対象とした全国大会も開催されている。

 同校と真岡高、益子芳星高から各2人の発表者が参加。身ぶり手ぶりを交えながら、本の粗筋やお薦めする理由を熱心に語った。約20人の来場者は小説をはじめ、科学の入門書やライトノベルなどさまざまなジャンルの本に興味津々の様子だった。