那須町の雪崩事故を受け、県内高校に登山の自粛を要請していた県高校体育連盟登山専門部は27日までに、夏山に限り自粛を解除する方針を決めた。雪崩事故が起きた「春山安全登山講習会」の来年の開催は見送る方針。いずれの方針も30日の同専門部顧問会議で諮り、最終決定する。ただ登山活動再開には、事故の関係者から安全対策が十分か懸念の声も上がっている。

 同専門部は、登山関係団体で構成する登山計画審査会のチェックを受けることや緊急連絡体制などの安全対策を徹底することで、夏山登山は容認できると判断したという。「夏山登山」は主に夏休み時の活動を想定しており、山岳部や登山部の顧問が集まる顧問会議では安全対策を示すなどして議論するという。