【塩谷】現庁舎が耐震性に問題があることから新庁舎整備を検討している町は、18日から27日にかけて町内8カ所で住民説明会を開く。耐震診断の結果や国による財政支援制度などを説明した上で、町民から意見や要望を聴くえだ。

 町は5月末、玉生の旧玉生中の敷地を建て替え候補地とした上で、住民から意見を募りたい考えを町議会に示している。一方、検討会では大宮の旧塩谷高を候補地とする意見もあったが、現在使用している通信単位制高校と2023年3月末まで貸与する契約になっている。

 町総務課によると、日程は町広報紙や町ホームページ(HP)に掲載。18日から27日までの平日午後7時から、旧小学校区ごとに地区の体育館などで実施する。新庁舎整備の必要性や、今後のスケジュールなどを見形和久(みかたかずひさ)町長ら町執行部が説明。所要時間は1時間~1時間半ほどを見込んでいるという。