昨年の大会でスタートする選手たち

 【日光】大学生ランナーによる「第4回日光いろは坂女子駅伝大会」(「日光をランナーの聖地」とする実行委員会主催)が26日、瀬川の日光だいや川公園-中宮祠の日光二荒山神社中宮祠間の6区間23・4キロで開かれる。今年は本県の白鴎大や初参加の上智、東京女子体育大など12大学13チームが出場する。同実行委は20日まで、競技中に通行止めとなる第一いろは坂での無料応援バスツアー参加者を募っている。

 大会は、男子の箱根駅伝のような女子レースを目指して開催。25日午後6時から安川町の日光総合会館で開会式を行い、26日午前11時に同公園をスタートする。コースは前回までと同様で、1区間の距離は3~5・2キロ。各所で15分~1時間半、通行が規制される。

 標高差は「箱根」を上回る約875メートル。中継所は(1)市日光行政センター前(2)清滝4丁目の国道120号(3)馬返しバス停(4)第一いろは坂中の茶屋(5)県日光自然博物館前-の5カ所に置かれ、1チーム6人のランナーがたすきをつなぐ。

 1時間29分49秒の総合記録を保持するのは第2、3回大会連覇の大東文化大だが、今回は不参加。第1回大会優勝の東京農業大は2チームが出場予定だ。