護国神社でのそば献穀祭

 米1升(約1・5キロ)を奉納した参拝者に手打ちそばを授ける「第12回粉穀宮(ごこくのみや) 大晦日(おおみそか)そば献穀祭」が31日、宇都宮市陽西町の護国神社で行われた。

 同祭は五穀の神を奉る「粉穀宮」の神事。五穀豊穣(ほうじょう)を願った後、献穀畑で収穫したソバから昔ながらの製法で作った年越しそばが配られた。