下野の明治維新

大嶽浩良 著
本体2,200円+税
四六判・上製・416頁
14/12
ISBN978-4-88286-565-0

ペリー来航に始まる幕末の激動期、戊辰戦争を経て軍政・民政が敷かれた廃藩置県前夜、宇都宮県と栃木県の合併で誕生した本格的県政の始まりまでを、本県近現代史研究の第一人者が図版を多用し、民衆の視点から分かりやすく、かつ詳細に展開。

今までの研究では見逃されてきた戊辰戦争(1868年)から廃藩置県(1871年)までの「空白の3年間」の下野政治史も明らかに!


   【目 次】

第一章  ペリー来航と下野
   1  下野への情報
   2  幕末はペリー来航から
   3  幕末下野の領主支配
   4  アメリカの動向と下野知識人の対応
   5  農民に課せられた役負担は
   6  「御台場」づくり
   7  落首の流行
   8  下野国内の様々な動き
   9  宇都宮大明神の再建と菊地教中
  10  国学者河野守弘と『下野国誌』

第二章  下野の尊王攘夷運動
   1  幕末の宇都宮藩と対馬占領事件
   2  河野守弘と小宅文藻
   3  下野尊攘派の成立
   4  尊王攘夷運動
   5  坂下門外の変
   6  河野顕三とその後の守弘

第三章  下野における天狗党争乱
   1  下野からの加盟者
   2  祈綱・春山の活動と役割
   3  竹下村同慶寺襲撃事件
   4  農民鉄砲隊と真岡町の防衛
   5  筑波山麓への出陣
   6  天狗党西上と争乱始末
   7  西上径路と真岡の志士たち

第四章  黒羽藩の諸改革と大関増裕の死
   1  嘉永・安政期の藩政改革
   2  大関増裕の藩政改革
   3  天狗党の領内通行
   4  黒羽藩軍事力の実態
   5  増裕の死

第五章  幕末の民衆社会と諸事件
   1  種痘の実施
   2  狂歌・俳諧の流行
   3  宇都宮藩の危機と鬼怒川沿岸の開墾
   4  出流山事件と民兵の萌芽

第六章  世直し一揆
   1  宇都宮市域の一揆
   2  真岡地方の世直し一揆
   3  鹿沼周辺の世直し一揆
   4  下野南部の世直し一揆
   5  世直し一揆が要求したものとその背景

第七章  下野の戊辰戦争と民衆
   1  戊辰戦争の展開
   2  宇都宮の戦いと民衆
   3  日光山麓の戦い
   4  白河口を巡る攻防と軍夫

第八章  日光県の統治
   1  下総野鎮撫府の開設
   2  芸州藩の軍政
   3  下野知県事と日光山領
   4  旧日光山領の統治
   5  日光県の創設
   6  県政の課題
   7  改革と開拓政策
   8  組合村の再建
   9  日光山の神仏分離

第九章  宇都宮県・栃木県の成立
   1  廃藩置県
   2  大区小区制
   3  県治と民政
   4  地域開発