世界遺産 聖地日光

下野新聞社編集局 著
本体1,500円+税
四六判・並製・264頁
16/04
ISBN978-4-88286-620-6


なぜ日光に徳川家康が祀られているのか、あなたは知っていますか?

1年3か月に及ぶ下野新聞連載時から話題沸騰!大反響を巻き起こした大型企画、待望の単行本化!平易な文章と鮮やかな写真で日光の歴史を分かりやすく紹介します!

日本が世界に誇る観光地・世界遺産日光――。今から1250年前に修行僧・勝道が草庵を結び、その後源氏の保護を受け山岳宗教の一大拠点となった。しかし、豊臣秀吉の小田原攻めで領地を没収され衰退してしまう。そして、400年前、徳川家康の神霊が鎮座することで再び光り輝く。日光は選ばれた聖地なのである。

日光東照宮鎮座400年 日光開山1250年 記念出版

オールカラー!美しい写真満載!


[目次]
第1部 神になった将軍
第2部 徳川3代と天海
第3部 世界遺産の宝物
第4部 開山1250年
第5部 新時代の風