笑顔になる写真集

 66歳になると、身近な人が次々と亡くなっていく。それは自然の摂理として受け止めようと思うが容易ではなく、時間ばかりが過ぎて行く。受け入れ難い日々からは、笑いも薄れているのを感じつつも、抜け出せない自分に焦りは募る。無理に笑うのもむなしくなるだけだった。

 そんな日常を変えてくれたのは、テレビで紹介した小鳥の写真だった。そのかわいさに思わず笑みがこぼれた。早速その写真集を手に入れ毎日見ている。一瞬で笑顔になれる。これからも辛いことに出合うことは多々あると思うが、この写真集は私の心を癒し、笑顔で乗り切る力をくれるだろう。

足利市・茂木志津子